各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

一般病棟 11:00~20:00

小児科病棟 11:00~19:00

看護部




御挨拶

患者様のお気持ちに応える看護を目指しています

看護部では、病院理念を基盤に看護理念と看護方針のもと、患者様、御家族に満足いただける看護を提供できるよう研鑽しております。

私たち看護者の最大の教育者は「患者様」です。人間愛を基本として、人生の物語の一時期をやむなく病院で過ごす方々と向き合って「患者様から学ぶ」という姿勢を大事にしています。常に患者様のお気持ちを優先し、その思いや願いに共感しながら支え、応える看護を目指してまいります。


看護部の理念

わたくしたちはいつも誠実に、
より専門的な知識と技術で、安心できる看護を行います

基本方針

  1. 患者様の個別性を尊重した計画的な看護を行います
  2. 的確に看護判断し、実施した行為に関して責任を持ちます
  3. 倫理的課題に対して、看護者として自律した意見を持ち行動します
  4. 看護のテクニカルスキルとヒューマンスキルを高めます

看護体制

4階4階西病棟(32床)4階東病棟(52床)
脳神経外科・循環器科・急性期治療室(ACU)外科・消化器科・泌尿器科・眼科
3階3階西病棟(55床)3階東病棟(51床)
内科・整形外科・地域包括ケア病床小児科・産婦人科・耳鼻咽喉科
2階第二外来手術室(4室)
産婦人科・小児科・皮膚科・眼科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・透析室中央材料室(併設)
1階第一外来救急外来
内科・消化器科・循環器科・脳神経外科・麻酔科・外科・整形外科・中央処置室・化学療法治療室観察ベッド4台、内視鏡検査室3室、外科一次二次・内科二次・循環器科二次・脳外科二次・小児科一次(医師会輪番制)

キャリアアップ支援と目標管理

看護部では各種研修の参加費・旅費等の予算を組み、最新の知識・スキルを学ぶためのサポートをしています。また、認定看護師養成研修、助産学専攻科への進学に対して助成制度を導入し、キャリアアップを考える方へ全面的に手厚いバックアップをしています。助成制度を利用し活躍するスタッフもどんどん増えています。

看護部の主な活動

看護学・助産学実習の受入れ

看護職員に対する教育方針「患者様のいる現場で看護をする人を育てあう」に基づき、学生にも実習を“患者様と共に学びあう機会”としてとらえていただきます。現在は看護大学等の臨地実習を受け入れています。将来の看護を担う後輩を大切に指導し、自らも看護者として研鑽していきたいと思います。

院外研修と受講報告会

最新の知識スキルの習得と個人のキャリア形成に基づき、 看護協会の研修をはじめ、 道内外で開催される学会や研修受講を支援しています。 研修後には、 得た学びを伝達による知識の共有を目的として、 研修受講者報告会を実施しています。

看護部教育計画

項目レベルⅠレベルⅡレベルⅢレベルⅣレベルⅤ看護
補助者
ラダー別新人研修
事例から学ぶ研修
認知症ケア研修
シミュレーション研修
リーダーシップ研修
倫理研修
せん妄ケア研修
育成を学ぶ研修
ブラッシュアップ研修
退院支援・退院調整研修
その他中途採用者交流会 中途採用者が職場環境に適応でき、悩みや不安を共有
研修受講者報告会修 院外研修参加者の報告・知識の共有
トピックス研修 各認定看護師による専門領域の研修
重症度、医療・看護
必要度研修
e-ラーニング以外の全体研修
注射研修 実技研修
職種別看護補助者研修

当院では、「ナーシング・スキル日本版」という看護技術を動画で確認、習得するためのオンライン学習ツールを導入しています。 インタ ーネットを利用して自分のスマホやパソコンからもア クセス可能で、院内でも自宅でも活用しています。

看護部委員会の主な活動

看護部教育委員会

当院に求められている看護師(クリニカルラダー・教育理念や教育方針・看護理念・看護部運営方針に基づき)を育成するために必要な研修を計画し、実践・評価しています。現場教育にも力を入れた研修にしています。

[ 教育理念 ]

あらゆる場面で責任を持ち、質の高い看護を提供できる看護者を育成する
自ら看護観を持ち後輩を指導し、自己成長できる看護者を育成する

[ 教育方針 ]

  1. 患者様の個別性を尊重した看護過程を実践できるようにサポートする
  2. 組織の一員として役割を遂行できる看護師の育成を支援する
  3. 後輩の指導を通し自己を高めることができる看護師の育成を支援する
教育研修(新人以外)
研修名
5月事例から学ぶ研修
6月育成を学ぶ研修
7月中途採用者交流会
8月認知症ケア研修
9月リーダーシップ研修
10月退院支援・退院調整研修
11月倫理研修
12月中途採用者交流会
せん妄ケア研修
1〜2月ブラッシュアップ研修(院内留学)
3月シミュレーション研修


看護部新人育成委員会

新人が環境に適応し、基礎的な看護技術の習得・看護チームの一員として看護者となるように、現任教育指針に基づく研修を行い、現場教育につなげています。プリセプターには、役割を通じて新人との関わり方や指導を学び、自己成長につなげています。

新人教育研修
研修名
4月新規採用職員研修
5月注射研修
6月3か月研修(安全対策、情報収集)
7月シミュレーション研修(看護技術)
9月6か月研修(夜勤を想定した多重課題)
12月9か月研修(看護過程)
2月事例発表
3月院内留学
プリセプター研修
研修名
3月中準備研修(現任教育指針や育成プラン等)
4か月指導状況の共有と今後の検討
8か月指導状況の共有と今後の検討

[ 平成30年4月 新規採用職員研修 ]


[ 平成30年5月 注射研修 ]

[ 平成29年度 シミュレーション研修 ]


[ 平成29年度 リフレッシュ研修 ]


看護部医療安全対策委員会

看護ケアの質を高めることを目的として、事故の予防・減少に向けた対策の検討や啓蒙活動を行っています。

[ 活動内容 ]

  1. HOT SPOTの定期発行
    院内インシデント報告から事例分析や防止対策に関する情報を発信しています。
  2. 研修
    • (1)注射研修:適切な注射部位、物品の選択や6R、患者確認方法について
              シミュレーション研修を行います。
              神経損傷の予防や発生時の初期対応について学習します。

    • (2)医療安全研修:医療安全にかかわるテーマで年1回集合研修を実施して
                います。平成29年度は患者誤認防止について行いました。
  3. マニュアルの改訂
    内服管理マニュアルや転倒転落防止アセスメントシートなど、看護部の安全に関するマニュアルの内容改訂や追加を行っています。
  4. 各ユニットで医療安全に関する目標を立案し活動しています。

看護部業務改善委員会

看護業務に関わる業務の改善に取組んでおり、スタッフからの提案をもとに積極的に取り組んでいます。

  1. 重症度、医療・看護必要度研修
    より正確な評価ができるように、評価制度の維持、向上を目標とした研修を実施しています。また、評価に伴う質問などについても随時回答していくなどの活動を行っています。
  2. 看護補助者業務マニュアルの改訂
    食事援助、清潔・排泄などの基本的な援助方法から、業務を行う際に必要な物品や伝票の出し方などの情報を適宜追加・改訂をしています。
  3. 院内パンフレット等の承認、電子カルテ化
    院内には様々なパンフレットや説明用紙があります。診療科に関係なく電子カルテを利用し、院内全体で使用できるようこれらを検証・統一します。

看護補助者(看護助手、クラーク)研修

厚生労働省・看護職員確保対策特別事業のテキストに基づき、組織理念の理解、安全管理、感染予防、業務技術などの研修を行っています。未経験者の方でも安心して働けるように、経験年数に応じて研修内容を変えています。



看護体験

を受け入れています。

助産師の活動

「助産師」とは、法律(保険師助産師看護師法)で「厚生労働省の免許を受けて、助産又は妊婦、褥婦若しくは新生児の保健指導を行う事を業とする女子をいう」と定められています。

助産師の提供するケアは、出産・育児に向けて妊婦さんの心と体を整えていくお手伝をするほか、お産の時は傍らに寄添い、お産後はお母さん・赤ちゃんにもともと備わっている力を導き出し、その御家族が安心して過ごせるようサポートしていくことです。

①助産外来

平成25年7月に開設し、助産師の妊婦健診を希望する妊娠20週以降の妊婦さんで、医師の許可がある方を対象に行っています。完全予約制で、助産師ならではのアドバイスや保健指導、また、普段気になっているけど聞けないことなどの相談に応じています。

スタッフは助産師経験5年目以上で、外来と病棟の助産師がローテーションを組み、診察を担当しています。一人ひとりの妊婦さんが自分らしく納得のいく「あなたらしいお産」の実現に向けて、妊娠ライフのサポートをしています。

詳細はこちらからどうぞ!


②母親教室

当院では予約制で、助産師による母親教室を2シリーズに分けて開催しています。妊娠中の生活や立会い分娩のほか、①内科医師から「タバコと子どもの健康」について、②医療相談係から分娩費用等について、③皮膚認定看護師から産後の尿もれについて、④小児科医師から予防接種などについて、の話をするなど、お腹の赤ちゃんと一緒に、素敵な妊娠生活と自分らしい出産ができるようサポートしています。パパの参加者も増え、妊婦体験ジャケットを着たり、立会い分娩の勉強をしたりしています。母親教室では、個別の質問にもお答えしています。参加者からは、『参加してよかった♪』、『安心できた!』という声を多数いただいています。

③妊娠〜育児相談まで

1年間の分娩件数は約460件(内、帝王切開は約110件)です。当院では、希望された場合は、御主人の立会分娩を行っています。御主人がお産に参加することで、陣痛の辛さを共有し、誕生の喜びを共に分かち合っている御夫婦が増えています(帝王切開時も立会分娩を行っています)。

現在は核家族が多くなっており、両親のサポートが得られないこともあります。そのため、妊娠期から、助産師が自らの専門的な判断と技術に基づき、必要なケアを行っています。また入院中におっぱいに関する悩みや、育児に対する不安や疑問を一緒に解決できるようなケアを心掛けています。更に、退院1週間後に来院していただき、赤ちゃんの体重の増え方を確認、育児相談・乳房マッサージ等を行うなど、退院後も継続した看護を行っています。その結果、「家庭での育児に自信が持てた」、「不安や疑問を解決できて心が軽くなった」など、満足の声をいただいています。当院の助産師は新しい命の誕生を共に喜び、やりがいをもって働いています。

④スキルアップ

当院では、日本看護協会の助産実践能力習熟段階(クリニカルラダー)を基に、当院での分娩件数等に合わせた、レベル新人からレベルⅤまでの基準を作成し、継続的な教育支援体制をとっています。今年度はさらに助産師のスキルアップのため、ファントームを購入しました。

また、当院は周産期医療に力を入れており、近隣地域からの期待に応えていくためにも、各レベルの助産師が自己研鑽に努め、院内外研修にも積極的に参加しています。

既卒助産師は1人で安心して仕事が出来るまで、エルダー(サポート)がつき支援しています。


スタッフ紹介


今年、入りました!

[ 一緒に・働こう・男性看護師 ]

当院は男性看護師10名に加え、平成30年に新人を含めた4名の入職者が入り14名となりました。それぞれ、病棟・救急外来・手術室に配属されています。

みんながやりがいを感じながら仕事ができ、お互いを支援し合う環境作りを心がけています。プライベートでは親睦会を開いて、悩みや相談をふくめ気軽に楽しく意見交換をしています。私たちは質の高い看護ケアを提供するため、知識・技術をスキルアップしながら、一緒に活躍できる仲間が増えることを 楽しみにしています。


病院見学会について

病院見学をご希望の方は、随時対応いたしますのでお気軽にお問い合わせください。


看護部 TEL:0123-24-3000 (内線207)


看護助手を募集しています。
ぜひ一度、見学に来て病院の雰囲気を肌で感じてみませんか?


看護助手募集 (PDF 765KB)

その他の活動

認知症ケアチーム

平成29年4月、認知症ケア加算2の算定開始とともに、チーム活動を開始しました。認知症ケアの質の向上を目指し、研修会の企画や開催、毎月の症例検討などを行っています。

今年度はスタッフからの認知症ケアについての相談を受けることができることを目標に、昨年までの活動の他、認知症対応マニュアルの作成や認知症状のある高齢患者に対しての入院時のアセスメントの検討などを行う予定でいます。

災害支援ナース

当院には、災害看護の研修を終えた登録ナースが10名登録しています。東日本大震災では北海道看護協会からの要請を受け、順次4名を被災地へ派遣しました。帰院後、支援ナースは、看護を通して被災者と触れ合い、生活空間を共にすることで感じたことを、院内報告会で発表しました。また、市民に向けた報告会や災害支援ナース養成研修などを通し、貴重な体験と学びを伝達しています。部署において災害支援ナースを中心に各現場レベルでの訓練を行っています。今後も訓練等を通じて、いつでも対応できるよう災害看護について学びを深めていきたいと思います。

BLS・AEDチーム

BLS・AEDチームは、医師、看護師及びコメディカルで編成され、患者様の様態が急変した時に、医師が到着するまでの対応がスムーズにできるよう、委託業者を含めた全職員の救命に対するスキルアップを目指しています。 研修は年10回開催しています。

ケアカフェ

当院では地域の訪問看護師さんやケアマネージャー、当院スタッフが繋がることで、より良い継続ケアを提供できる関係作りのために地域医療連携室と協力して“ケアカフェ”を開催しています。(3回/年)退院後の療養状態やケア方法など、お互いに相談し合うことができ顔の見える関係づくりができています。

Q&A

採用について


PAGE TOP