トップページ > 指導体制

指導体制

指導医紹介

診療科氏名学会認定資格
内科 院長伊藤 昭英日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・指導医、ICD制度協議会ICD、日本医師会認定産業医
診療部長竹藪 公洋日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・指導医
主任医長吉田 貴之日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定医、日本呼吸器学会専門医・指導医、日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
循環器科 診療科長池田 大輔日本循環器学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、日本糖尿病学会専門医・指導医、臨床研修指導医
主任医長小岩 弘明日本循環器学会専門医、日本内科学会 認定医、日本内科学会総合内科専門医、ICD制度協議会 ICD、FCCSプロバイダー、ACLS-EPプロバイダー
消化器科 診療科長大久保 俊一日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、日本肝臓学会専門医、日本内科学会認定医、日本内科学会総合内科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、臨床研修指導医
主任医長平石 哲也日本内科学会認定医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器内視鏡学会専門医、日本消化管学会胃腸科専門医・指導医、日本肝臓学会肝臓専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
小児科 診療科長中本 哲日本小児科学会専門医・指導医、日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター、臨床研修指導医、日本アレルギー学会専門医
嘱託医内藤 広行日本小児科学会専門医、日本血液学会血液専門医、日本医師会認定産業医
外科 副院長福島 剛日本外科学会専門医・指導医、日本消化器外科学会専門医・指導医、日本乳癌学会乳腺認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、臨床研修プログラム責任者、日本医師会認定産業医
医長許  理威日本外科学会認定医・専門医、日本がん治療認定医機構認定医、検診マンモグラフィ読影認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、ICD制度協議会 ICD
整形外科診療科長神谷 智昭日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会関節鏡技術認定医、日本整形外科学会認定スポーツ医、日本スポーツ協会公認スポーツドクター
産婦人科 上席医監(産婦人科担当)津村 宣彦日本産科婦人科学会専門医、日本性感染症学会認定医、 母体保護法指定医
診療科長越田 高行日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、臨床研修指導医
医長菊地 研日本産婦人科学会専門医、東洋医学会認定医、臨床研修指導医
眼科診療科長田下 亜佐子日本眼科学会専門医
耳鼻咽喉科診療科長渡邊 一正日本耳鼻咽喉科学会専門医、日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医
皮膚科診療科長大田 光仁日本皮膚科学会専門医
泌尿器科 診療部長新藤 純理日本泌尿器科学会専門医・指導医、腎移植認定医、腎臓リハビリテーション指導士
診療科長能中 修日本泌尿器科学会専門医・指導医
麻酔科 診療科長塚窪 俊裕日本麻酔科学会専門医
診療科長
(救急室担当)
四釜 裕睦

指導医からのメッセージ

内科

内科 主任医長 吉田 貴之

日本内科学会総合内科専門医、日本内科学会認定医
日本呼吸器学会専門医・指導医、
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医

メッセージ

 当院は、地域の基幹病院として、数多くの患者さまの診療にあたっているため、様々なコモンな症例を経験することができます。
 市中の大病院と比較すると、当院の研修医は少ないですが、その分、1診療科に1名の研修医の配属により手厚い指導を受けることができるほか、医学生や専攻医の先生の受入れも行っているため、比較的年齢の近い先生たちが集まります。
 内科では、常勤医3名と嘱託医1名のほか、外来担当出張医5名により、診療を行っており、一般内科に加え、脂質異常症などの内分泌・代謝疾患、肺癌や気管支喘息、肺炎などの呼吸器疾患といった患者様に対して、専門的治療の診察を行っております。
 当院は医師だけでなく、看護師、コメディカル、事務局、病院全体で研修医を育てます!
 ぜひ、当院で一緒に働きましょう!!

循環器科

循環器科 診療科長 池田 大輔

日本循環器学会専門医、日本内科学会総合内科専門医、
日本糖尿病学会専門医・指導医、臨床研修指導医

メッセージ

 当院は、地域の2次救急病院として、この地域に貢献しています。このため当院では研修医は比較的偏りなく、多くのCommonな疾患を経験することが出来ます。
 その中で循環器科は循環器2次救急を毎日担当しており、急性心筋梗塞や急性心不全といった時間が勝負で、かつ、直接命に係わる診療を数多く経験することが出来ます。
 また、循環器科疾患と関わりの深い生活習慣病も当科では糖尿病を含め専門的に診ており、生活習慣病管理の基礎を学ぶことが出来ます。
 研修をより実りあるものに出来るかどうかは、本人のやる気にかかっていることは言うまでもありませんが、皆さんのやる気をサポートできるように指導医一同努めていきたいと思います。

消化器科

消化器科 診療科長 大久保 俊一

日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医・指導医、
日本肝臓学会専門医、日本内科学会認定医、
日本がん治療認定医機構認定医、臨床研修指導医

メッセージ

 消化器科は、常勤医2名、嘱託医1名により、上部・下部消化管、肝、胆道、膵疾患を中心とした消化器病全般の診療を行っています。特徴としては、消化器病学会認定施設、消化器内視鏡学会指導施設であり、専門医・指導医による研修医の教育も行っています。
 また、当科は、患者さまにとって最善の治療をすること、患者さまの立場に立ち、常にわかりやすいご説明をすることを心掛けております。
 疾患は上部・下部消化管、肝、胆道、膵疾患を中心とした消化器病全般の診療を行っており、手術では、通常内視鏡検査、ESDなどの高度治療や食道静脈瘤に対する内視鏡的治療、悪性胆道狭窄・食道狭窄に対する内視鏡的ステント留置術、胃瘻造設術などを行っております。
 北海道の玄関口「新千歳空港」があり、全国一の自衛隊が所在するまちなので様々な症例に触れ合うことができます。
 皆さんもぜひ初期研修の2年間で一緒に仕事をしましょう。

小児科

小児科 診療科長 中本 哲

日本小児科学会専門医・指導医、
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター、「子どもの心」相談医、臨床研修指導医

メッセージ

 当科ではほんとうにいろいろな子どもと出会います。人口が増えている地域と言うこともあるでしょうが、感染症やアレルギーなど一般的な疾患の子どもも居れば、肺炎を繰り返す子どもが実はまれな先天性疾患や異物誤飲だった、体調不良を訴える子どもが実は学校や家庭でつらい思いをしていた、など少し変わった経過をたどる子どもも珍しくありません。
 新生児も多く生まれ、元気な子からそうでない子までいろいろな赤ちゃんと出会います。もちろん大きな病院ではありませんので全てを自分たちで行うことはできず、集中管理が必要な新生児や小児は他の優れた病院にお願いすることになるのですが、多くの疾患の初期対応を経験することで、小児への苦手意識が薄くなればいいな、と考えています。これまでに一緒に働いた研修医の皆さんからも好評です。ぜひ一緒に働いてみませんか。

外科

外科 副院長兼診療部長 福島 剛

日本外科学会専門医・指導医、
日本消化器外科学会専門医・指導医、日本乳癌学会認定医、
消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構認定医、
検診マンモグラフィ読影認定医、緩和ケア研修修了者、
臨床研修プログラム責任者

メッセージ

 外科では4名の医師が皆様の指導にあたらせていただきます。少人数で多くの手術、診療を行っているため、研修にあたってはお客様ではなく、外科スタッフの一人として手術、診療にあたっていただき、実戦で外科的基本手技、能力を身に着けていただきます。手術に関しては鏡視下手術を北海道大学消化器外科 I 教室と協同で技術認定取得可能な水準でおこなっており、将来外科医を目指される方には非常に参考になる環境です。救急専門医とともに外傷の診療にあたる機会も多く、また院内での緩和ケアの中心的役割も担っており、今後どの診療科に進まれても必ず有意義な経験をつんでいただけるものと考えます。

産婦人科

産婦人科 診療科長 越田 高行

日本産婦人科学会専門医、母体保護法指定医、臨床研修指導医


メッセージ

 千歳市は人口増加を続けており、年間700〜800件の出産があり、当院においても他院で対応することが難しいハイリスクな分娩を含め年間500件近い分娩を取り扱っています。
 このため、様々な症例を経験することができ、産科、婦人科共に一般的な知識および技術を十分に習得できる環境にあります。
 時には苦労もあるかと思いますが、それ以上の感動があり、やりがいを感じる職場です。 もちろん、私たち指導医も全力で皆様の研修をサポートしていきます。

病院ホームページ

動画紹介