各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

面会制限中

小児科

一般診療から専門・特殊外来まで対応
地域の小児科のセンター的役割を担っています

小児科では、常勤医4名により、一般診療はもとより腎疾患、アレルギー疾患などに対応する専門外来や予防接種、乳児健診を実施しています。入院においては、肺炎、喘息発作、川崎病などの多岐にわたる急性疾患のほか、腎炎、内分泌疾患、神経疾患などの慢性疾患の治療にも当たっています。また、当院出生の新生児診療にもあたっています。

当院は千歳・恵庭の医療圏において、唯一の小児入院ベッドを有する医療機関として、二次救急の受入態勢を24時間365日確保することにより、市内の小児科クリニックや休日夜間急病センターで対応ができない、入院等が必要な重篤な疾患の小児救急患者(二次救急対象患者)を受入れることで、地域の基幹病院としての役割を担っています。

また、心臓外来(月1回)、神経外来(月4回)、内分泌外来(月1回) など、北海道大学病院の専門医による特殊外来(予約制)も行っており、より専門的な診療を受けることも可能となっています。

【 主な診察内容 】

<対象疾患・症状>

【 医師紹介 】

氏名学会認定資格
診療部長内藤ないとう  広行ひろゆき 日本小児科学会専門医、日本血液学会血液専門医、
日本医師会認定産業医
診療科長中本なかもと  てつ 日本小児科学会専門医・指導医、
日本アレルギー学会専門医、
日本周産期・新生児医学会新生児蘇生法「専門」コースインストラクター、「子どもの心」相談医
医長伊東いとう  広臨ひろのぶ 日本小児科学会専門医
医長はら  和也かずや 日本小児科学会専門医

PAGE TOP