各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

一般病棟 11:00~20:00

小児科病棟 11:00~19:00

医療安全管理室

患者様や職員の医療安全に取り組んでいます

患者様・職員の医療安全を推進するため、平成 25年 4月に医療安全管理室を開設し活動しています。病院理念である「より質の高い心あたたまる医療の実現」に向け、より安全な医療を目指して取り組んでいます。

『医療安全管理指針』(PDF 287KB)

医療安全管理室のスタッフ

医療安全管理室長医師(副院長兼任)
医療安全管理課長看護師(専従)
医療安全管理室主幹医師(兼任)
医療安全管理係長看護師(専従)
医薬品管理担当主査薬剤師(兼任)
医療機器安全管理担当臨床工学技士(兼任)
医療安全管理課事務職事務職員

医療安全管理室の活動

医療安全活動の取組について紹介します。

  1. インシデント※1リポート
    本院に勤務する職員は、インシデントや改善が必要と考えられる出来事が発生した時報告するインシデントリポート報告という制度を取り入れています。この報告をもとに問題を調査し改善することで医療事故※2の防止に努めいています。
    • ※1 インシデント/患者の診療やケアにおいて、本来あるべき姿から外れた行為や事態の発生を意味します。患者様、医療従事者に傷害の発生した事例や障害をもたらす恐れがあったと考えられる状況も含みます。
    • ※2 医療事故/医療従事者の過失(医療の過失)の有無を問わず、医療の全過程において発生する全ての人身事故をいい、被害者は、患者・患者の家族、医療従事者、その他本院に出入りする全ての方が対象となります。
  2. 安全管理マニュアル・手順改訂、院内巡回(院内ラウンド)
    医療を安全に行うためには、それぞれの業務を統一し、標準化することが重要です。新人から経験者まで幅広い人材がおりますが、方法や手技は同じである必要があり、安全管理マニュアル・業務手順を整備し周知、指導を行っています。医療の進歩に伴い、これらが現状に即しているか、本当に守られているかを、いろいろな視点で見直すことが大切です。
    定期的に院内ラウンドを行い、インシデント報告についての確認や、安全に業務が行える環境であるかなどについて、直接職員の声を聞き、現場と連携を取りながら安全管理を行っています。
  3. 医療安全研修
    年2回全職員を対象とした医療安全研修を開催しています。また、医療安全に関する研修を適宜行い、技術・知識の習得を行っています。
  4. 医療事故や疑問への対応
    病院で医療事故が起きないように最善の努力を行っていますが、万が一の想定をしておかなければなりません。医療事故には至らなくても、医療内容に疑問を抱かれることもあるかもしれません。そのような時、まず御説明させていただくのは主治医ですが、病院としての対応が必要になる場合もあるかと思います。事情を調べ、対応させていただくのも医療安全管理室の仕事です。
  5. 医療安全に関する相談及び支援
    医療安全に係わる患者様の御相談をお受けしています。
  6. 医療事故調査制度
    医療事故調査制度に適切に対応するための取り組みを行っています。

欠かせない患者様一人ひとりの御協力

医療安全管理室の活動の一部を紹介しましたが、医療安全には患者様一人ひとりの御協力が欠かせません。患者様、御家族にも参加いただく医療安全を行っています。下記のことについて御理解と御協力をお願いします。



GetAdobeReader

※PDFファイルを開くにはAdobeReader が必要です


PAGE TOP