各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

一般病棟 11:00~20:00

小児科病棟 11:00~19:00

看護部



御挨拶

患者様のお気持ちに応える看護を目指しています

看護部では、病院理念を基盤に看護理念と看護方針のもと、患者様、御家族に満足いただける看護を提供できるよう努力しております。

私たち看護者の最大の教育者は「患者様」です。人間愛を基本として、人生の物語の一時期をやむなく病院で過ごす方々と向き合って「患者様から学ぶ」という姿勢を大事にしています。常に患者様のお気持ちを優先し、その思いや願いに共感しながら支え、応える看護を目指してまいります。

看護部の理念

わたくしたちはいつも誠実に、
より専門的な知識と技術で、安心できる看護を行います

基本方針

  1. 患者様の個別性を尊重した計画的な看護を行います
  2. 的確に看護判断し、実施した行為に関して責任を持ちます
  3. 倫理的課題に対して、看護者として自律した意見を持ち行動します
  4. 看護のテクニカルスキルとヒューマンスキルを高めます

看護体制

4階4階西病棟(32床)4階東病棟(52床)
脳神経外科・循環器科系外科系
3階3階西病棟(55床)3階東病棟(51床)
一般内科系小児科・産婦人科系
2階第二外来手術室(4室)
産婦人科・小児科・皮膚科・眼科・泌尿器科・耳鼻咽喉科・透析室中央材料室(併設)
1階第一外来救急外来
内科・消化器科・循環器科・脳神経外科・麻酔科・外科・整形外科・中央処置室・化学療法治療室観察ベッド4台、内視鏡検査室3室、外科一次二次・内科一次二次・循環器科二次・脳外科二次・小児科一次(輪番制)

助産師の活動

「助産師」とは、法律(保険師助産師看護師法)で「厚生労働省の免許を受けて、助産又は妊婦、じよく婦若しくは新生児の保健指導を行う事を業とする女子をいう」と定められています。

助産師の提供するケアは、出産・育児に向けて妊婦さんの心と体を整えていくお手伝をするほか、お産の時は傍らに寄添い、お産後はお母さん・赤ちゃんにもともと備わっている力を導き出し、その御家族が安心して過ごせるようサポートしていくことです。

①助産外来

胸にワッペンをつけています

平成25年7月に開設し、助産師の妊婦健診を希望する妊娠20週以降の妊婦さんで、医師の許可がある方を対象に行っています。完全予約制で、助産師ならではのアドバイスや保健指導、また普段気になっているけど聞けないことなどの相談に応じています。

スタッフは助産師経験5年目以上で、外来と病棟の助産師がローテーションを組み、診察を担当しています。一人ひとりの妊婦さんが自分らしく納得のいく「あなたらしいお産」の実現に向けて、妊娠ライフのサポートをしています。

詳細はこちらからどうぞ!


助産外来シンボルマーク 結-yui-

中央の花はこれからお母さんになる妊婦さん、横にある新芽はお腹の中の赤ちゃんを表し、へその緒でつながっていることをイメージしました。二人をやさしく包み込むサークルは「月」で、助産師や医師、家族を表します。サークルにあるリボンは『結ぶ』ということを意味し、新しい命とお母さん、そして取り巻く人たちを結ぶ助産外来でありたいという願いを込めて「結-yui-」(ゆい)と名付けました。


②母親教室

当院では予約制で、助産師による母親教室を2シリーズに分けて開催しています。妊娠中の生活や立会い分娩のほか、内科医師から「タバコと子どもの健康」について、医療相談係から分娩費用等についての話をするなど、お腹の赤ちゃんと一緒に、素敵な妊娠生活と自分らしい出産ができるようサポートしています。パパの参加者も増え、妊婦体験ジャケットを着たり、立会い分娩の勉強をしたりしています。母親教室では、個別の質問にもお答えしています。参加者からは、『参加してよかった♪』、『安心できた!』という声を多数いただいています。

③妊娠〜育児相談まで

1年間の分娩件数は約400件(内、帝王切開は約90件)です。当院では、希望された場合は、御主人の立会分娩を行っています。御主人がお産に参加することで、陣痛の辛さを共有し、誕生の喜びを共に分かち合っている御夫婦が増えています(帝王切開時も立会分娩を行っています)。

現在は核家族が多くなっており、両親のサポートが得られないこともあります。そのため、妊娠期から、助産師が自らの専門的な判断と技術に基づき、必要なケアを行っています。また入院中におっぱいに関する悩みや、育児に対する不安や疑問を一緒に解決できるようなケアを心掛けています。更に、退院1週間後に来院していただき、赤ちゃんの体重の増え方を確認、育児相談・乳房マッサージ等を行うなど、退院後も継続した看護を行っています。その結果、「家庭での育児に自信が持てた」、「不安や疑問を解決できて心が軽くなった」など、満足の声をいただいています。当院の助産師は新しい命の誕生を共に喜び、やりがいをもって働いています。


PAGE TOP