各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

一般病棟 11:00~20:00

小児科病棟 11:00~19:00

リハビリテーション科

退院や社会復帰に向けたリハビリテーションに取り組んでいます

リハビリテーション科では、理学療法士4名、作業療法士2名、助手1名の体制で、失われた基本的な身体能力や動作の回復のほか、残された機能を最大限に活して、本来の身体能力や動作を補うことを目的に、運動療法や物理療法といった理学療法を行っています。

対象疾患は、急性期の疾患を主体に、整形外科の術後疾患や骨の変形性疾患、急性発症した脳梗塞などの脳血管疾患、脳神経外科の術後疾患、入院中に身体の機能が低下する廃用症候群などで、これら疾患に対する訓練のほか、腰痛、頚部痛、肩疼痛の保存療法や糖尿病の教育入院リハビリテーションなどもを行っています。

作業療法では、身体に障がいを負い、生活に支障を来している患者様に対し、日常生活動作(更衣・食事・排泄・家事など)や社会適応能力(仕事・社会参加)の回復を目的に、身体機能・高次脳機能へのアプローチや作業活動(日常生活動作・仕事・家事・遊び)を用いたリハビリテーションを行っています。また、急性期で病室からリハビリテーション室まで来ることができない患者様には、病室でのベッドサイド訓練を行うなど、早期からリハビリテーションを実施することにより、一日も早い退院や社会復帰ができるよう取り組んでいます。

運動療法

筋力や関節の動きなどの身体機能や寝返る、座る、歩くなどの動作能力が制限されている患者様に対し、個々の状態に応じた運動を行います。

関節可動域訓練

患者様の筋肉や関節の状態を適正に評価・把握し、徒手療法(マニュアルセラピー)を用いて、できるだけ痛みを与えずに、低下した関節の可動域を改善するよう訓練を行います。

筋力増強訓練

様々な器具を使用したり、患者様自身が実際にトレーニングやコア・エクササイズなどの体操を行うことで、機能回復に必要な筋力の強化を図ります。

レッド・コードという器具では、天井から垂らしたロープを利用し、重力を排した訓練が行えるため、上肢・下肢や体幹の筋力を効率的に改善することができます。

神経筋促通訓練

脳血管疾患の麻痺や動作を行う上での協調運動回復のために、PNF(固有受容性神経筋促通法)やボバース法などの特殊な手技を使用し、運動機能の改善を促します。

日常生活動作訓練

寝返りや起きる、立つ、歩くなど、生活する上で必要な基本的動作の訓練を行います。また、動作ができない原因を分析し、個々の状態に合わせた動作方法の提示を行うなど、自立に向けた支援を行います。

[ コア・エクササイズ機具 ]
ストレッチ・ボールなどを使用し、インナーマッスルの強化等を行います

[ レッド・コード ]
天井から垂らしたロープを利用し、運動を行います


物理療法

痛みやしびれの緩和、むくみ、循環の改善、関節内部の組織の柔軟性の改善などを目的として、温熱や電気などを利用したリハビリテーションを行います。

温熱療法

ホットパックス(適切な温度に温めた熱保有度の高い物質を袋に入れたもの)で患部を覆い、血流を増大させて、痛みの緩解や関節内部組織の柔軟性の改善を図ります。

水治療法

腕や足の一部を温水の入った浴槽に入れ、人工的に発生させた気泡を患部に当てることにより、皮膚や筋に適度な刺激を与え、循環機能の改善や痛みの緩和、関節内部組織の柔軟性の改善などを図ります。

低周波治療法

SSPやニューロテックなどの各種低周波治療器により身体に電気刺激を加え、痛みやしびれを和らげるほか、神経損傷などで動かしにくくなった筋肉の収縮促進、神経筋機能の改善を図ります。

牽引療法

頚椎、腰椎などの脊椎症や椎間板ヘルニアのほか、脊椎に起因する症状の軽減を図ります。牽引(引っ張る作用)と休止(緩める作用)を繰り返すことで、痛みやしびれを緩和します。


作業療法

身体機能訓練

可動関節域、筋力、感覚機能などの維持改善を目的に、作業活動や治療手技を用いてリハビリテーションを行います。また、必要に応じて手の装具等を作製し、身体機能の維持・代償を図ります。


訓練器具

リハビリテーションのための手工芸・趣味活動作品


高次脳機能訓練

脳血管障がいなどの脳が損傷される病気や怪我では、注意・記憶・言語・学習・遂行機能などに障がいが出る場合があります。そのため、患者様の状態を検査・評価し、脳機能向上のための課題を抽出し、パズル・パソコン等を使ったリハビリテーションを行います。


各種検査(半側空間無視、知能、記憶など)

各種検査(半側空間無視、知能、記憶など)


日常生活動作訓練

食事・更衣などの日常生活動作や家事動作が困難な場合は、その動作ができない原因を分析・評価し、患者様に合った方法を練習します。作業療法室には台所やトイレなどが設置してあり、実践に近い状態での練習を行うことができます。

台所:
包丁や鍋のほか、自助具の調理道具が揃っています

食事動作訓練:
患者様の能力に合わせ自助具を使用します


施設

リハビリテーション室

違和感無く運動できるように天井を高くしているほか、トイレには調整機能付き手すりを装備するなど、患者様が訓練しやすい環境を整えています。

全景

調整機能付き手すりを装備したトイレ


物理療法室

頚椎・骨盤牽引器、ホットパックス等の温熱療法、各種低周波治療の機器を備えています。


水治療法室

手・前腕部及び足部等の温熱療法用の気泡浴(渦流浴)装置を備えています。


作業療法室



PAGE TOP