各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

一般病棟 11:00~20:00

小児科病棟 11:00~19:00

薬剤科

最良の薬物療法をサポートしています

薬剤科では薬剤師6名、助手1名で、処方箋に従ってお薬を作る調剤業務をはじめ、入院患者様を対象とした薬剤管理指導、注射薬個別払出し、抗がん剤・高カロリー輸液のミキシング、薬剤情報提供や製剤・薬品管理、治験管理など多岐にわたる業務に携わっています。

私たち病院薬剤師は、医薬品の有効性と安全のバランスが保たれるように医師や看護職員と連携し、医療チームの一員として最良の薬物療法を支援していきます。


調剤業務

散剤を秤量中

医師が発行した処方箋を基に薬を調剤する業務です。発行された処方箋を薬剤師が処方監査し、薬が正しい量で処方されているか、併用禁忌薬剤がないかなどをチェック(処方監査)。不備や疑問点があった場合は、迅速に担当医師へ確認します。

処方監査後は計数調剤・秤量調剤・分包調剤などを行い、最終的に処方箋と薬剤が正しく調剤されているかを再度監査。安全を確認してから、患者様へお薬をお渡ししています。


製剤業務

製剤業務は当院の製剤室で、消毒薬の希釈や市販化されていない薬剤の調製を行う業務です。特に市販化されていない薬剤の調製に関しては、薬学的知識と技術を用い、各患者様の病態、要望などに応じた、よりきめ細かな対応が可能となっています。安全性・有効性及び品質を確保するために厳しい管理を行っています。

薬剤管理指導業務

入院患者様へ薬の説明をしています

各病棟担当薬剤師が電子カルテや看護記録などから患者様の情報を収集し、入院患者様に直接、薬の効果、薬の飲み方、起こりうる副作用などを説明することで、安心して薬物治療を行えるよう、サポートしています。また、患者様からの薬に対しての訴え(例えば副作用の発現、薬の剤形に対する問題など)にも、必要に応じて医師や看護師に情報を伝達しながら、より効果的な治療となるよう取り組んでいます。


薬物モニタリング業務

患者様の体重や年齢、腎機能などの値から、お薬が最も効果的かつ安全に投与されるための量や投与間隔などを解析し、医師へ提案する薬物モニタリング業務を行っています。


医薬品情報提供業務

医薬品情報管理室では、医師や看護師など院内医療従事者からの問合せに対応しています。患者様が持参されたお薬の内容や代わりとなるお薬、副作用、薬の飲み合わせ、注射薬を混合する時の配合変化など、問合せ内容は様々。また、新しく採用された薬品や中止となった薬品の情報、新たに追加された副作用や効能などについての情報も提供しています。

医薬品管理業務務

入院患者様ごとに注射を取りそろえて病棟へ供給します

薬品の購入から在庫管理、供給、適正使用までの一連の流れのチェックを行う業務です。麻薬、毒薬、劇薬、向精神薬についても徹底した管理を行っています。


治験薬管理

新薬を開発する際、最終段階では患者様に使用していただき、効果や副作用を比較する必要があります。これを「治験」といいます。当院では、倫理審査委員会で治験の内容についてあらかじめ審査を行い、治験に参加される患者様に十分に説明し、同意された患者様を対象に行っています。また、新薬が発売された後も、そのお薬の安全性・有効性について調査されており、この様な調査の報告や管理を行っています。


PAGE TOP