各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

面会制限中

PFC-FD療法

【 PFC-FD(自己血小板由来成分濃縮物)療法とは】

<PFC-FDとは>

PFC-FD(自己血小板由来成分濃縮物)とは、「成⾧因子」を高濃度に含んだ多血小板血漿(PRP)から「成⾧因子」のみを抽出・濾過して無細胞化し、それをさらに凍結乾燥したものです。

血小板は、血管が損傷した時に集まって止血する働きがあります。その際に多量の「成⾧因子」が放出されることが分かっています。この「成⾧因子」には、組織修復のプロセスを開始する働きがあり、血小板の放出する「成⾧因子」を使って治りにくい組織の修復を促したり、組織修復を促進する方法がPFC-FD療法になります。

PFC-FD療法は「成⾧因子」の自己組織修復・抗炎症作用などを促す働きがあり、様々な分野でその効果が期待されています。

<治療効果>

以下のような効果が期待できます。

<メリット>

<デメリット>

<治療の方法>

  1. 血液を50ml、静脈より採血します。
  2. 採取した血液を厚生労働省認可の再生医療センターに搬送し、3週間かけてPFC-FDを作製します。
  3. 病院に届いたPFC-FDを生理食塩水で溶かし、患部に注射します。

<治療後の注意点>

<費用について>

自由診療のため、保険適用外となります。
1回 173,250円 (初回採血時にお支払いいただきます)


PAGE TOP