各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

一般病棟 11:00~20:00

小児科病棟 11:00~19:00

救急外来

地域の救急医療を担っています

当院の救急外来では、年間約1,750件の救急搬送を受け入れ、約6,500人の患者様を診療しています。

突然の発症で救急外来を受診される患者様に対し、適切な医療が行われるよう、多くの専門職がコミュニケーションを大切にし、チームで診療にあたっています。患者様だけではなく、ご家族にも安心していただける対応を心掛け、また、日々進化する救急医療に対し、その特殊性を踏まえた研修や勉強会へ積極的に参加、自己研鑚に励んでいます。


救急医療体制について

突然の発症で救急外来を受診される患者さんを診療する救急医療体制は、重症度に応じて以下の3段階に分類されています。

当院は二次救急医療及び当番時の外科の一次救急医療を担っていますが、必要な治療によっては転院搬送になることもあります。

救急医療体制と当院の役割

当院の救急外来受入体制

千歳市の救急医療は、複数の医療機関が輪番制で受け入れしています。当院は地域の基幹病院として、二次救急医療の中心的役割を担うことが求められており、入院を必要とする傷病者や、他の医療機関からの転送を主に受け入れています。

小児科は、千歳・恵庭の医療圏において、唯一の小児入院ベッドを有する医療機関として、また、循環器科は、一刻も早く救命が必要な急性心筋梗塞に対し、緊急カテーテル治療が可能な市内唯一の医療機関として、夜間・休日問わず対応しています。


救急外来受診にあたってのお願い

当院は二次救急医療及び当番時の外科の一次救急医療を担っており、入院治療などが必要な重症患者さんを診察することを使命としています。

かぜなどの比較的症状が軽い方は、まず一次救急をご利用いただき、適切な受診へのご協力をお願いいたします。



PAGE TOP