各診療科・曜日によって異なります
詳細は「外来診療日程表」を御覧ください

内科、循環器科、消化器科、小児科、外科、脳神経外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、麻酔科

面会制限中

看護部




市立千歳市民病院 認定看護師の会 “Unir(ウニール)”

当院では現在、皮膚排泄ケア認定看護師・緩和ケア認定看護師・がん化学療法看護認定看護師・感染管理認定看護師・摂食嚥下障害看護認定看護師の7名が活動しています。この度、私たちは認定看護師の会【Unir ウニール】を結成いたしました。語源は、スペイン語で”つなげる”、”一つにする”、”結合する”を意味します。ロゴマークの中心にある花は、千歳市の花「つつじ」で、花言葉は“節度・慎み”を表します。私たちはよりよいケアを患者様・ご家族へ提供できるよう、定期的にミーティングを開いています。それぞれの専門領域における最新の知見やケアに関することなどを共有するとともに、院内スタッフへ向けた教育や、地域へ向けた啓発活動を行っています。

活動内容

院内活動

院内スタッフへの教育看護研修

市民・院外医療従事者への教育研修

地域貢献活動

学会発表

院内認定看護師育成

当院では、平成30年度より専門領域において習得した知識、技術を実践に活かし看護の質の向上につなげる目的で院内認定看護師の育成を開始しました。1年をかけその分野に関連する講義、グループワーク、実習などから学び、研修終了後はそれぞれの部署で実践モデルとなり看護ケアの質の向上に努めます。

認定看護師の紹介

当院では、現在、皮膚排泄ケア認定看護師・緩和ケア認定看護師・がん化学療法看護認定看護師・感染管理認定看護師・摂食嚥下障害看護認定看護師の6名が活動しています。


皮膚排泄ケア看護認定看護師 関口 加奈子(平成19年認定)

皮膚排泄ケアとは、スキンケアを基盤とし、ストーマ・創傷(褥瘡(床ずれ)術後の傷、胃瘻周囲のケアなど)・失禁のケアを専門的に行うことです。






具体的には以下のような活動を行っています。

  1. 褥瘡(床ずれ)ができやすい患者に対しての予防ケア
  2. 傷が治りやすい環境の調整(寝具の選択、栄養状態など)
  3. 傷つきやすい皮膚や傷の周囲のスキンケア
  4. ストーマをもつ方、これから手術を受けられる方に対して、ストーマとストーマ周囲皮膚などの管理、ストーマ装具の選択、日常生活へのアドバイス、精神的なサポートなど
  5. 便や尿失禁による皮膚のトラブルに対して、皮膚のケア方法をアドバイス
  6. 骨盤底筋訓練の指導

平成21年4月から、ストーマ外来を開設。入院中はもとより、退院後も継続的にストーマに関するあらゆる悩み事(日常生活の不安、ケア方法、皮膚トラブル、装具に関する悩み)の相談をお受けしています。


緩和ケア認定看護師 小泉 麻有(平成24年認定)

緩和ケアは、主に「がん治療」と一緒に受けるケアです。病気に伴う身体症状などを緩和し、患者さん・ご家族、医療従事者などと協働して日常生活を支援することです。私は1階の外来に所属し、緩和ケア外来・がん看護外来、緩和ケアチーム(医師、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーなど)で活動しています。



次のような相談をお受けしています。

  1. 主にがん治療中に経験する苦痛症状(吐き気、嘔吐、痛み、倦怠感など)をやわらげます。
  2. 患者さんやご家族の不安や心配ごとなど、気持ちのつらさをやわらげるためのお手伝いをします。
  3. がんと診断されたことによる両立支援(治療と仕事の両立)の対応について、一緒に考えます。

令和2年10月に緩和ケア病床2室が新設されました。現在、新型コロナウイルス感染予防の観点から、ご家族の面会制限が行われており、入院されている方にお会いになれないことで大変つらい思いをされていると思います。さまざまなアイディアを取り入れて大切な時間を過ごしていただけるように、緩和ケアチームで支援していきます。

緩和ケア認定看護師 吉田 綾子(平成30年認定)

「緩和ケア」という言葉に対して、「“その時”が近い人が受けるケア」というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
緩和ケアは、がんと診断された時から、またそれ以外の病気に対しても治療、終末期まで全ての期間を通して、身体や気持ちのつらさなどの問題に対して、患者さんとその家族を対象に適切にケアを行います。

内容は、

  1. 医師の治療方針の説明を聞いた上で、患者さんがご自身の意思を反映し、望む療養生活ができるように支援いたします。(意思決定支援)
  2. 身体的なつらさに対応し安楽に過ごせるように援助いたします。(症状緩和)
  3. 患者さんの「大切にしていること」「生きがい」「希望」「気がかり」を伺い、療養に反映できるよう一緒に考えます。(価値観の尊重)
  4. 自分らしく過ごすことができるように、多職種スタッフと相談し、地域と連携しながら生活の場を整えます。(療養場所の調整)
  5. ご家族の方の不安、心配な気持ちを伺います。(家族ケア)患者さんとご家族の方が、安心して過ごせますようお力になりたいと思っています。

どうぞお気軽にご相談ください。


がん化学療法看護認定看護師 老久保 恵(平成26年認定)

がん化学療法(抗がん剤治療)看護とは、化学療法が安全・確実・安楽に継続されるように、治療でつらいと感じる副作用症状をできるだけ最小限に抑えて、自分らしく生きていくための看護支援をさせていただくことです。





具体的には、化学療法に関する以下の内容をお受けしています。

  1. 副作用症状(悪心・嘔吐、骨髄抑制、皮膚症状、末梢神経症状、脱毛などの緩和と対策について
  2. 治療方針・治療方法の選択のサポートや、抗がん剤に関する薬剤情報の提供
  3. 不安や疑問・お困りのこと など

患者様・御家族と一緒に考え、サポートさせて頂きます。

また、認定看護師の役割として、医療スタッフに対する相談・指導にも対応いたします。普段は1階の中央処置室にある化学療法治療室で勤務していますので、お気軽に御相談ください。

感染管理認定看護師 玄 真澄(平成29年認定)

感染管理とは、医療を提供する場(病院、クリニック、慢性期医療施設、在宅医療など)にいる、患者様、家族、訪問者、医療従事者などすべての人を医療関連感染から守ることです。認定看護師は、ICT(Infection control team=感染制御チーム:詳細はこちら)を中心とした多職種と協働して、医療関連感染の予防と管理を推進することです。

感染管理認定看護師の主な活動

  1. 感染制御チームでの院内巡回
  2. 感染制御チームでの感染症に対するミーティング
  3. 職員に向けた感染管理指導
  4. 職員、他施設からの感染に関連する相談対応
  5. 院内感染対策マニュアルの作成と管理
  6. 医療関連感染の調査とフィードバック
  7. 洗浄・消毒・滅菌に関すること
  8. 職業感染管理(針刺し事故、結核予防、ウイルス性疾患のワクチン接種)
  9. ファシリティマネジメント(医療廃棄物、空調、給水、リネン、清掃、災害時の対応などが適切に行われるよう介入)

感染管理認定看護師 佐々木 貴子(令和2年認定)

私はコロナ禍といわれる2020年12月に、資格を取得しました。
新型コロナウイルス感染症だけではなく、患者様が医療を受けたり、医療従事者が医療を提供する過程でも、患者様、医療従事者、訪問者など医療サービスに関わるあらゆる人に医療関連感染が起こる可能性があります。
玄感染管理認定看護師とICT(感染制御チーム)を中心とした多職種と協働して、病院に関わる全ての人々(患者様、医療従事者、訪問者など)を医療関連感染から守るために努めていきたいと思います。

摂食嚥下障害看護認定看護師 打越 ともこ(平成27年認定)

摂食嚥下障害看護とは、食べ物を口まではこび、口にいれ、咀嚼(咬む事)して飲み込むまでの過程に障害がある患者さんが、経口摂取出来るように援助していく事です。認定看護師は、患者さんがどのような摂食嚥下障害を抱えているのかを把握し、その障害に合った看護を提供します。そして、みなさまとともに「食べる楽しみ」を支えていきたいと思います。

摂食嚥下障害看護認定看護師の主な活動

  1. どのような障害が患者さんにあるか口や喉の動きを見て判断します
  2. 摂食嚥下対策チームである医師や管理栄養士と相談し患者さんに必要な検査を決めます
  3. 患者さんにあった食形態を管理栄養士とともに考えます
  4. 日常生活の中で出来る摂食嚥下訓練を考えます
  5. 誤嚥性肺炎などの合併症を予防するために、安全に訓練や食事が出来るよう環境を整えます
  6. 患者さんが最後まで「食べる楽しみ」を味わうことが出来るよう援助します

PAGE TOP